自分のオーラを見る

トップページ > オーラを見る方法って? > 自分のオーラを見る

自分のオーラの色を見る

自分のオーラが見えたら、オーラの色を見ることに挑戦してみましょう。
オーラの色を見るときは、オーラ自体に色があると考えず、感覚で見るようにした方が見えやすいです。

たとえば、暖色系、寒色系というものがあるように、あったかいものは「火」を連想させる赤やオレンジ、逆に冷たいものは「水」を連想させる青や水色があると思います。
それと同じような感覚で、オーラの色を見ると、色が浮かび上がってくるかもしれません。
ただ、この場合だと自分で思っているイメージと、実際に出ているオーラの色が異なる場合もあります。
それだと、自分の色がなかなか見えないことがあるでしょう。
そんなときは、他人にお願いしてイメージカラーなどを聞いてみたりして、それをイメージして見ると案外見えたりするかもしれません。

自分はこういう人だ、と思い込まない

他人にお願いできない場合は、どうしても自分でイメージを作って、色を見るしかないわけですが、そんなときは自分の性格などで色のイメージを決めない方が良いです。

色を見る方法は、オーラを見るときと同じなので、その状態でオーラの温度や感覚で見るようにするといいでしょう。
たとえば、さっき上で説明したように、あったかければ赤やオレンジ。のようにイメージすると、意外と合っていたりします。
それが、感覚で見るということです。