オーラのある人の特徴

オーラのある人の特徴とは?

オーラのある人は、大体の人が実際に会ってみるとそれだけで気付くものですが、いわゆるカリスマ性を持つ人のオーラの場合、遠目からでもわかる特徴があります。

まず第一に、自分に自信を持っていることです。
自信があるということは、自分の中に余裕が生まれます。
何がきても動じないその余裕こそがオーラとなり、人を惹きつけるのです。

第二に、笑顔が自然で、相手にも心の余裕を生んでくれることです。
もし、機会があれば、オーラのある人が誰かと会話をしているところを観察してみてください。
もしかしたら、あなたが苦手としている相手も、その人となら自然な笑顔で会話しているかもしれません。
また、他にも凛とした口調で話す、一人に向けてではなく全員に向けて話す、などの特徴があります。

良くないオーラを持っている人の特徴

反対に、人に害を与えるような悪いオーラのある人の特徴もあります。

悪いオーラには色々なタイプがありますが、上に記述したカリスマ性を例に挙げると、威圧するような話し方をしたり、突然大きな声で話したりする特徴があります。
他にも、笑顔が少なく、いつも険しい表情をしていることも特徴です。
厄介なのが、そういったタイプの人も、少なからずオーラをコントロールする力を持っているということです。

良いカリスマ性オーラを持つ人の場合は、自然に放たれるオーラの量が多かったり、活気にあふれていたりしますが、悪いカリスマ性オーラを持つ人の場合は、それを強い口調で話したり、大声を上げることで、自分のオーラを他人にぶつけ、結果的にオーラを感じさせるという、強引なやり方をしています。
悪いオーラの特徴を感じたら、できるだけその人から遠ざかるようにすることをおすすめします。