オーラのある人になるには

トップページ > オーラのある人ってどういう意味? > オーラのある人になるには

3つの方法で自信をつけて、オーラのある人に生まれ変わる

1.毎日、欠かさず日記をつける これは根気さえあれば、誰でもできる方法です。ただし、一つだけ注意するべきことがあります。それは、必ず一日にひとつは、その日嬉しかったこと、楽しかったことを書くことです。
普段は気付かないポジティブな感情を日記につけることで、自分が幸せであることを実感でき、現状に自信を持つことができるようになります。

2.「ありがとう」を口癖にする
人に何かをしてもらったときだけではなく、普段は「すみません」と謝ってしまいそうな場面でも、「ありがとうございます」と言ってみましょう。
「すみません」と言ってしまうと、どうしても自分がダメな人間であるように思えてしまいますが、「ありがとう」に変えると、何かをしてもらえる立場の人間だと思えるようになります。

3.「なんとかなる」と考えるようにする
これは責任を放棄するわけではなく、心に余裕を持つということです。これができるようになると、誰かに責任を押し付けたりするようなことがなくなります。
そんなこと言われても…と思ってしまう人は、生死を基準に物事を考えましょう。なんとかならずに命を失う…なんてことは、人間そうそうあるものではないですから。

自信を持つとオーラが多く生まれ、放出量も増える

自分になかなか自信が持てない人や、オーラのある人に生まれ変わりたいと考えている人は、ぜひ上の方法を試してみてください。
少しでも自信がついてくるようになると、そこから余裕が生まれ、良質なオーラが生成されるようになります。
自信というものはすべての源であり、余裕や感謝、笑顔もそこから生まれでてくるものです。

ただ、自信がついたからと言って他人を見下してはいけません。
それは自信がついたのではなく、単に自分を誇張しているだけです。
その場合、良質なオーラは生まれず、反対に悪いオーラを持つ人になってしまうので、注意しましょう。