オーラとチャクラの関係

トップページ > オーラとチャクラの関係

チャクラとオーラの関係について詳しく知り、それぞれの意味を探っていきましょう!

チャクラとは、人が身にまとっているオーラと肉体とを結んでいる出入り口のことです。
チャクラは、第1チャクラから第7チャクラまであり、それぞれのオーラと繋がっています。

■第1チャクラ
第1チャクラは生命力を司る部分です。
このチャクラが上手く機能していないと、身心ともに弱い状態を作り出すことに繋がってしまいます。
新しい物事に挑戦する気力も起きず、幸せを逃がしやすい体質にしてしまうでしょう。
また、正しく機能している場合、行動力が高まって活発な行動を好むようになります。
スポーツも進んで行い、健康的な日常を過ごすことができるでしょう。

■第2チャクラ
第2チャクラは人の感情を感じ取るために必要な部分です。
このチャクラが上手く機能していないと、人の感情を素直に受け入れることができなくなるので、嫉妬深くなりやすいです。
また、上手く発達していると、我慢強い性格になることができます。

■第3チャクラ
第3チャクラは思考や判断力、理解力を司る場所です。
このチャクラが上手に機能していないと、生きる上での目的を上手く定めることのできない体質になります。
なかなか考えがまとまらないので、たまに思考が混乱することがあるでしょう。
また、正しく機能している場合、将来の目標に向かって夢を実現させる努力をすることができます。

■第4チャクラ
第4チャクラは愛を司る部分です。
このチャクラが上手く発達していないと、大らかな考え方ができなくなるので、心が狭くなり他人に愛を与えることができない人間になります。
また、正しく機能している場合は、愛情をもって人に接することができます。

■第5チャクラ
第5チャクラは、自分の思いを言葉で正確に表現するために必要な部分です。
このチャクラが上手く機能していないと、思いをはっきりと言葉で表現することができなくなります。
また、正しく機能している場合は、優柔不断な行動も起こすことなく、自分の意見をはっきりに言葉にすることができます。

■第6チャクラ
第6チャクラはアイデアや想像性を育てる部分です。
このチャクラが上手く機能していないと、計画的に動くことができなくなり、なかなか物事を実行することができなくなります。
また、第6チャクラが正しく機能していると、未来に対する想像を正確にイメージすることができます。

■第7チャクラ
第7チャクラは現実以外の意識とのつながりを深めてくれる部分です。
このチャクラが上手く機能していないと、精神的なダメージを受けやすくなり、うつ病に発展してしまうことがあります。
また、第7チャクラが正しく機能している場合、霊能力などの力が強まります。